Blog

New

ようやく、ネット安全からネット創造へ

■ようやく、ネット安全からネット創造へ


総務省が
ICTリテラシー政策をフィルタリングなど安心安全対策から創造・交流を含むポジティブに体重を移動させる方針を示し、新会議も準備しています。

これを受けぼくが副会長を務める安心ネットづくり促進協議会(安心協)も議論を開始。ぼくもコメントしました。




安心協発足から13年で政府の取組がネガからポジに転換する。やっとか、という思い。

95年ベルギーの情報G7サミットで「デジタルは子どもの時代」という日本提案が採択され、Jrサミットが第一回東京、第二回がMITで開催された。

それを機に私は役所をやめMITに参加し、PC一人一台運動などを推進した。




しかし日本の取組は遅く、2008年には当時の首相が「子どもにケータイは百害あって一利なし」と発言、デジタルを子どもから遠ざける風潮が広がった。

危機感を抱き、「百利あって一害あり」と考える関係者が集まり、私が世話役となって立ち上げたのが安心協。





発起人会の顔ぶれ。孫さんら通信3キャリアの社長、DeNA南場さんYahoo!井上さんIIJ鈴木さんmixi笠原さん個情委の堀部初代委員長ら。日本のデジタルの代表が一堂に介した。

みなさんの思いは、子どもから遠ざけるのではなく、いかに使わせるかだった。

でも運動論としては、そちらに進まなかった。



私は2年後DiTTを立ち上げ、PC一人一台、学校ネット化、デジタル教科書の3点セットを推進する運動を始めた。ポジティブの運動。

苦労した。8年かかってデジタル教科書を認める法律が成立、プログラミングも必修になった。

PC一人一台はGIGAで実現。コロナがなければあと25年かかる計算だった。




安心協とデジタル教育推進とは本来、一体として進めるべきというのが私の意見だったが、力不足で融合できなかった。

全ての子どもがデジタルで勉強する環境になり、ようやく機運が変わった、と感じており、ようやく一つのゴールにたどり着いた。

問題は今後。デジタルシティズンシップをどう作るか。





学校デジタルは進む。混乱も問題も起きるが、現場と子どもの力を信用し、見守りたい。

政策の重点は家庭に移る。特に格差。家でデジタルが使える/使えない問題。4万の学校から、子どものいる1千万の家庭へと課題が広がる。

教育問題から通信問題へ。文科省より総務省の仕事。通信政策の最重要課題。





セキュリティ、フェイク情報といった守るリテラシーは重要だが、それ以上にクリエイティビティ、コミュニケーション力をつけることが重要。

大人だって身についてはいない。子供のほうが優れている面はある。私も学生に教えてもらっている。子どもも大人も一緒に使い、学ぶ。





ツールは変わる。SNSmixi/fb/LINE/インスタ どんどん変わるので、定まった教育法もない。

紙と鉛筆のアナログ教育も、150年たっても理想の教育はできていない。デジタルでの学習は始まったばかりで、100年たっても理想には届いていまい。

使いながら、時間をかけて、ともに考えていく、という姿勢。




政策目的は「国民のユーザ力」を上げることだろう。とすれば、デジタルが1.役立つ、2.楽しい、3.安全、という順位だと考えるが、3.に偏重してきたのがこれまでの対策。

どう便利さや楽しさを高めるかの政策は抜け落ちていた。

創造力や共感力を上げる施策を厚くしたい。




安心協の根本は従来どおり安心・安全対策でよい。

一方、ポジティブ面の活動を担う団体、企業、学校はたくさんある。

安心協がすべきは、それらとつながり、連携していくこと。安心協としてのコミュニケーション力や共感力が必要となる。

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「挨拶」
>>国際公共経済学会 第37回研究大会 福山(2022.12.3,4)

「きょうの京さんぽ【おみせやさん】」
>>TikToK iU Channel(2022.12.2)

「?是iU - 新的文???」
>>小?? iU(2022.12.1)

「?是iU - 新的文???」
>>微博 iUCHANNEL(2022.12.1)

「学長くんのチンジャンガシャ?ン【伊藤穰一さんの本「テクノロジーが予測する未来」】」
>> TikToK iU Channel(2022.11.30)

「The CiP Manifest has been released.」
>>BLOG Ichiya Nakamura(2022.11.29)

「アニメオタク 685万人」
>>YouTube iU Channel先週のニュースはコレ【2022年11月21日週】(2022.11.28)

「きょうの京さんぽ【ウチの近所1】」
>>TikToK iU Channel(2022.11.25)

「?是iU - 疫情是危机?是机遇??」
>>小?? iU(2022.11.24)

「?是iU - 疫情是危机?是机遇??」
>>微博 iUCHANNEL(2022.11.24)

「学長くんガチョーン with 猪子寿之氏」
>>対談(2022.11.23)

Profile

●iU学長
●CANVAS副理事長
●融合研究所主筆
●内閣府 知的財産戦略本部 メタバース上のコンテンツ等をめぐる新たな法的課題への対応に関する官民連携会議 座長
●内閣府知的財産戦略本部 構想委員会委員
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会コンテンツ小委員会委員長 
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会デジタル時代における著作権制度・関連政策の在り方検討タスクフォース座長
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府新戦略推進専門調査会 規制制度改革分科会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●スポーツ庁 官民連携によるスポーツを通じた健康増進策検討会委員
●内閣府知的財産戦略本部価値デザイン社会懇話会委員
●総務省「新たなCAS機能に関する検討分科会」座長
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会座長代理
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT活用のためのリテラシー向上に関する検討会座長代理
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」分科会長代理
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会 基本政策小委員会 委員
●文化庁 文化審議会 博物館部会 委員
●消費者庁 消費者のデジタル化への対応に関する検討会委員
●デジタル庁 「デジタルの日」検討委員会 座長代理
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長
●JeSu eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会 座長