Blog

New


Warning: Undefined variable $buf in /home/users/web01/9/4/0130249/www.ichiya.org/jpn/index.php on line 67

民放連報告、デジタルとAIのはざまで

■民放連報告、デジタルとAIのはざまで

民放連デジタルネット研究会報告2024。

今年も巻頭言を寄稿しました。

--------

毎年ウェブで投票を行う「デジタル十大ニュース」。

2023年の結果は、以下のとおりでした。

1 Chat GPT !!!!!

2 YOASOBI「アイドル」Billboard1位

3 TwitterXになる

4 マリオ映画 世界アニメ興収史上2位

5 ハリウッドでAIストライキ

6 オープンAI アルトマン騒動

7 LINEYahoo!統合

8 戦争×フェイクニュース

9 しょうゆ差しなめ男

10 G7広島サミットからのAIプロセス


上位10件中(LINE-Yahoo!を国際と数えれば)9件が国際モノ。ボーダレスとなりました。純国産ネタは「しょうゆ差しなめ男」だけ。

そこに国産コンテンツが2件(アイドルとマリオ)食い込む快挙とみるか、日本のプレゼンスが落ちたとみるか。

 

そして2017年にAIスピーカーが入賞して以来、久しぶりのAIモノ登場にして、一気に5件がAI案件。AIが席巻した1年でした。私がここでChatGPTに巻頭言を書かせてから1年でもあります。

その間、 世界の慌てぶりたるや目を見張りました。政治的にも、AIを規制したい欧州とそれを嫌う米国の間で日本がサミットに場を設けてとりなす形。こちらは日本がプレゼンスを発揮しました。

AIとコンテンツを巡っては警戒論・慎重論も渦巻きます。AIが著作権を犯す恐れからの制度論もあります。

ただ、政府・知財本部でAIの委員会が作られたのは2016年、8年前のことで、今日のようなAIの登場を想定し、私が座長として海外に先駆けて2年ほどたっぷり議論しました。文化審議会の審議につながって著作権法が改正、世界で最もAI学習しやすい環境を整えたものです。

ところが登場すると身構える。NRIの調査によれば、生成AIを導入済みの日本企業は18%で、利用後進国です。世界一の通信インフラを持ちながらIT利用が劣後して、コロナで「デジタル敗戦」を認識した日本。次はAI敗戦でしょうか。

この点、半数近くの委員がAIについて触れているのは頼もしい。AI自動生成テロップシステムやAI☓NFTなど新しいプロジェクトも生まれているようです。アメリカで脚本家と俳優がストライキをする状況下、いかに日本の放送が取り込み、血肉としてチャンスに変えるかが問われます。

私は、コンテンツに対するAIの衝撃は、コンテンツの生産量が爆発的・無限に増えることと考えます。情報のほとんどがAIが生成するものになる。米ITプラットフォームがAI生成コンテンツを「AI生成」と表示すると言い始めています。すぐにそれをかいくぐるAIが現れるでしょうが、将来は逆に「ヒト生成」コンテンツが貴重品として表示されるのではないか。そんな時代を見据えて、コンテンツやビジネスのあり方を考える時期に来ています。

 


厄介なことに、デジタルとAIは同時進行です。デジタルから25年、AIから1年、うねり続きです。

ネット広告が4媒体を上回ったというのが昨年のトピックでした。この構図は、通信と放送の「融合」に反し、それらが対立する二元論です。それは通信側、ネット側が望んだものではなく、放送側が望んだ図です。放送が民と公とか、キーとローカルといった内部の二元論に執心している間に、壁を隔てた外部が成長した。

今回、日本テレビ手柴委員がレポートしたARMは、それに対する新しい回答に見えます。「放送とネットを広告セールスの領域で融合し、地上波でもネット広告と同様にリアルタイムなプログラマティック取引を実現すること、旧来の視聴率にプラスしてインプレッションの指標化をすること。」「民放が融合を前提としたビジネスモデルを組み立て、スポンサーのニーズを広く多様に吸収できるか、その試金石」。

これまで二元論とみていた世界がいよいよ融合し、自分たちの根幹であった広告も盤石でなくなる。NHKはネット配信を必須業務とし、NHKと民放による中継局の共同利用やネットによる放送波の代替など、制度・環境も改めて「融合」にドライブする。その中で、民放が自ら「融合」した市場を取りに行く構えが大事になります。

今回、ニュースのタテ型動画作成、課金プラットフォーム、VRなど新しい息吹も数多く描かれています。内山隆委員が解説するように、世界のメディア環境が激動する中に身を置き、次なる手を繰り出す。このプロジェクトに期待される姿勢が示されています。

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「Government decides on new Cool Japan strategy, doubling overseas expansion to 50 trillion yen in 10 years.」
>>BLOG Ichiya Nakamura(2024.6.16)

「きょうの京さんぽ【#水火天満宮】」
>> TikToK iU Channel(2024.6.14)

「政府、クールジャパン新戦略を決定」
>> YouTube iU Channel 先週のニュースはコレ【2024年6月3日週】(2024.6.10)

「きょうの京さんぽ【#神馬】」
>> TikToK iU Channel(2024.6.7)

「学長くんのチンジャンガシャ〜ン【#台湾】
>> TikToK iU Channel(2024.6.5)

「NTT’s IOWN and the Olympics」
>>BLOG Ichiya Nakamura(2024.6.3)

「文化政策の魅力的なアイディアが横溢」
>>「クリエイティブ・ジャパン戦略」 白桃書房note出張所 書評(2024.6.3)

「『iPhoneでマイナカード』正式発表」
>> YouTube iU Channel 先週のニュースはコレ【2024年5月20日週】(2024.6.3)

「きょうの京さんぽ【#北野天満宮 古田織部型灯籠】」
>> TikToK iU Channel(2024.5.31)

「学長くんのチンジャンガシャ〜ン【#Interop】
>> TikToK iU Channel(2024.5.29)

「EU AI規制法が成立」
>> YouTube iU Channel 先週のニュースはコレ【2024年5月13日週】(2024.5.27)

Profile

●iU学長
●CANVAS副理事長
●融合研究所主筆
●内閣府 知的財産戦略本部 メタバース上のコンテンツ等をめぐる新たな法的課題への対応に関する官民連携会議 座長
●内閣府知的財産戦略本部 構想委員会委員
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会コンテンツ小委員会委員長 
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会デジタル時代における著作権制度・関連政策の在り方検討タスクフォース座長
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●総務省「新たなCAS機能に関する検討分科会」座長
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会座長代理
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT活用のためのリテラシー向上に関する検討会座長代理
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」分科会長代理
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会 基本政策小委員会 委員
●文化庁 文化審議会 博物館部会 委員
●消費者庁 消費者のデジタル化への対応に関する検討会委員
●デジタル庁 「デジタルの日」検討委員会 座長代理
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長
●JeSu eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会 座長