Blog

New


Warning: Undefined variable $buf in /home/users/web01/9/4/0130249/www.ichiya.org/jpn/index.php on line 67

STEAM? まかせとけ。

■STEAM? まかせとけ。


日経こども未来経済フォーラム「DX時代における創造性を育む学びとは」。

女性4人におっさん一人。場違いなところに参加しました。

テーマはSTEAM。まずは自己紹介。

 


20年前から日本のさきがけとしてSTEAM活動をしてきたが、教育界はデジタルに後ろ向きだった。2010年から学校デジタル化の推進団体を小宮山宏・元東大総長や孫正義さんらと進めたが、教育界から反対を食らい、文科省のブラックリストに載ったりして、たいへんだった。

 

デジタル教育を推進する法律の策定やプログラミング必修化までに10年を要した。そしてコロナが来て、GIGAスクールで11PCが一気に実現した。デジタル途上国から一気に先進国になる希望もわく。しかしまたAIで場面が転換する。いまAI時代の「超教育」に取り組んでいる。

 

2020年、デジタルを駆使するイノベーターを生む大学iUを新設した。AIで世界の大学の半分がなくなるという予測もあるが、それでも求められるクリエイティブな場を作る。デジタルやAIで、知識を頭に詰める従来型の教育ではない、創造力を育む教育が幼児教育から高等教育まで実現できる大きな機会が来ている。



質問2つ。


1. GIGAどうよ?

文科省調査。先生はプラスの変化があると言い、今後に成果を期待している。

学習意欲が向上している、と評価されているのが重要。

日本の教育の最大課題は、他国に比して子どもたちが授業を面白いとも役に立つとも思っていない点。

デジタルの第一の役割は面白く役に立つと思えるようにすることで、成果は現れている。

 

地域格差もある。が、いずれ解消する。何より日本は世界との情報格差、デジタル格差が大きい途上国だったわけで、世界との格差が25年を一足飛びにして解消したのを喜びたい。

アナログでは世界に冠たる教育を築いた日本、先生方は優秀。

ここからデジタルで全国一斉に底上げする。

 

端末の更新コストが問題だったが、今般の補正予算で、全国の首長や教育長にも意見をもらい、国会議員たちにも力をいただいて、2600億円が組まれ、都道府県に基金が設けられることになった。ホッとしている。

 

次の課題は、家の情報化とAIとの向き合い方。

GIGA端末は家に持ち帰れていない。家庭のネット格差の問題。

4万の学校をどうつなぐか、から、子供のいる世帯1000万をどうつなぐか。

デジタル教育ユニバーサルサービス。

その中で、デジタルリテラシーも学び取っていくことが必要。

文科省の仕事というより総務省の仕事。

 

そしてAIをどう使うか。大学でも対応がバラバラ。

AIはデジタルに溶け込み使わざるを得なくなる。AIリテラシーが重要になる。

超教育協会は、全授業でAIを利用することを提言した。

iUAIの方針は「利用を推奨する」とわずか7文字にした。

デジタル敗戦の日本は、AI敗戦となるとチャンスはない。

 

Q2. 大人がすべきことは?

国はインフラに力を入れよ。

お金は公教育に投下する。文科省。

(企業への補助金は要らない。)

家庭のD化・ネット化。総務省。

AIやデータの利用を進める。デジタル庁。

これら関係省庁の連携が重要。つまり政治課題。

政権の第一テーマにしてもらいたい。

 

子供世代は自然とDX人材になる。問題は大人。

リカレントが重要だが企業はかつてのように社内で育てる余裕はない。

大学などと連携して育てる。

iU1000社と連携しているのも、それら企業の人材が学ぶ環境を作りたいということでもある。

 

リカレントとかリスキリングとか、働いて、また学校で一回学んで、というのは現実的ではない。

人生100年、変化し続ける時代、ずっと学び続ける、エバーラーニングの設計が大事。

大学も2年や4年で卒業じゃなく、1020年ずっといていいから学びたい時まなぶサブスクのような仕組みが必要。

 

それより先に、AI家庭教師が発達して、よいAI家庭教師を持つことが競争力を左右することになるかも。

AIにお金をかけられるかどうかの格差は決定的な格差になりそう。

なので「誰もがAIを使える」全員AI保証が大事。




YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「きょうの京さんぽ【#電話ボックス】」
>> TikToK iU Channel(2024.2.16)

「メタバース、デジタル、AI」
>>APU 提案型研修 大分 講演(2024.2.15)

「学長くんのチンジャンガシャ〜ン【#推し活 ー推し活をする人の目的は?】
>>TikToK iU Channel(2024.2.15)

「らぶゆーおおさか」
>>FM大阪 対談(2024.2.14)

「KDDI、5000億円でローソンにTOB」
>>YouTube iU Channel 先週のニュースはコレ【2024年2月5日週】(2024.2.12)

「きょうの京さんぽ【土下座のおっさん】」
>> TikToK iU Channel(2024.2.9)

「学長くんのチンジャンガシャ〜ン【#推し活 ー昔の”オタク”とは何が違う?】
>>TikToK iU Channel(2024.2.8)

「松井孝治さん、京都市長に当選」
>>YouTube iU Channel 先週のニュースはコレ【2024年1月29日週】(2024.2.5)

「きょうの京さんぽ【#醒ヶ井】」
>> TikToK iU Channel(2024.2.2)

「学長くんのチンジャンガシャ〜ン【#推し活 ーなぜいま推し活?】
>>TikToK iU Channel(2024.2.1)

「学長くんガチョーン with デルマパンゲ」
>>対談(2023.1.30)

Profile

●iU学長
●CANVAS副理事長
●融合研究所主筆
●内閣府 知的財産戦略本部 メタバース上のコンテンツ等をめぐる新たな法的課題への対応に関する官民連携会議 座長
●内閣府知的財産戦略本部 構想委員会委員
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会コンテンツ小委員会委員長 
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会デジタル時代における著作権制度・関連政策の在り方検討タスクフォース座長
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●総務省「新たなCAS機能に関する検討分科会」座長
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会座長代理
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT活用のためのリテラシー向上に関する検討会座長代理
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」分科会長代理
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会 基本政策小委員会 委員
●文化庁 文化審議会 博物館部会 委員
●消費者庁 消費者のデジタル化への対応に関する検討会委員
●デジタル庁 「デジタルの日」検討委員会 座長代理
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長
●JeSu eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会 座長