0 Ichiya Nakamura

Blog

New

iUとAPU、ご一緒しましょうというご相談。

■iUとAPU、ご一緒しましょうというご相談。

別府のAPU
iUとの連携を相談しました。
6000人の学生のうち留学生が半分。
92か国から来ています。
留学生は2年で日本語N1級を取る。
英語only校じゃなく、バイリンガル教育なんですね。
学生諸君がぼくたちを案内してくれました。
英語中心にするiUの参考になります。


就職率97%で、THE大学ランキングで全国私大5位、西日本私大1位。
世界ビジネススクール5%が認証を得ているAACSBや観光学教育では日本の私大で唯一のTedQualを獲得。
「三つ星評価のおかげで海外からの人気が高い」(出口学長)。
iUもモデルにしようと思います。

開学は2000年。
故・平松守彦大分県知事の大仕事として、温泉日本一、別府の山頂を切り拓き、官民で創り上げたキャンパス。
20年たって、多様性あふれる場になりました。
「日本語の音読み訓読みを学ぶには小学生新聞が絶好の教材です」byネパール人学生。


出口学長直轄の「APU起業部」も始まったそうです。
「全員起業」をカリキュラムに組み込むiUと連携いたしたく。
出口さんカレー作ってるんですね。
ではぼくもiUカレーを作ろうと思います。
ウチは100種類作ろうかな!

和洋中エスニック何でもあるめくるめく学食。
92か国6000人の胃袋を預かります。
外に出ても何もないからねぇ。
ハラル対応もバッチリです。
でもツバを飲むことも禁じられるラマダンの最中は、ヒジャブ女子は明らかにイラついているそうです。


連日いただきました。
iUも学食にはめっちゃ力を入れたい。
レバ刺し特区にしたい。
iUでしか食べられないメニューを学生たちにプロデュースしてもらいたい。
地域のおばちゃんたち総動員で、おうちごはんのシェアリングサービスをやりたい。
てゆーか毎日、食フェスを開いてもらいたい。


出口学長「APUの強みは各国で活躍する卒業生。」
吉本チームのビレンドラさん(スリランカ)も、ぼくのゼミで修士号を取って今シンガポール国立大学の博士課程にいるカニヤさん(インドネシア)も、iU設立を準備する電子学園にいる中嶋さんも、APU卒業生。
活躍してます。
(この焼鳥カー、iUにも来てほしい。)

出口学長「多様性とリベラルアーツが大事ですよ。」
iUも心得ます。
多様な学生がリベラルアーツを学ぶにはマンガがいいですよね。
iUもライブラリーを充実させますが、特にマンガには力を入れたい。
電子でね。

学生たちの映像作品を上映・評価してから、
「なぜ女性は10歳寿命が長いのか」を議論して、
「サカナクション」のワンカット映像を観て、
1917」のサム・メンデス、
「ダンケルク」のクリストファー・ノーランを語り、
「男はつらいよ」を論じる、
というパンクな授業。

APUと吉本興業は提携していて、ダイノジ大谷さんが授業を引き受けているのです。
ネタ、しゃべくり、客いじり。
ベテラン教授陣が束になっても、一流の芸人には遠く及びません。
iUでも超客員教授として授業やってもらいます。

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「消費者のデジタル化への対応はいかに?」
>>Yahoo!今日はこのへんにしといたる(2020.8.1)

「ショート・ショート講義vol.217」
>>iU CHANNEL(2020.7.31)

"Recommendations for an ultra-free society 2: letting the grasshopper manage the AI ants"
>>BLOG Ichiya Nakamura(2020.7.30)

「ショート・ショート講義vol.216」
>>iU CHANNEL(2020.7.30)

「京丹後市-iU 連携協定調印式」
>>挨拶 京丹後市(2020.7.29)

「ショート・ショート講義vol.215」
>>iU CHANNEL(2020.7.29)

"Recommendations for an ultra-free society: an unstable life"
>>BLOG Ichiya Nakamura(2020.7.28)

「ショート・ショート講義vol.214」
>>iU CHANNEL(2020.7.28)

「ショート・ショート講義vol.213」
>>iU CHANNEL(2020.7.27)

「CESが示すデジタルのタテ・ヨコ展開」
>>agora(2020.7.27)

「没落日本がコロナ禍後に目指す方向は」
>>Yahoo!今日はこのへんにしといたる(2020.7.25)

Profile

●iU学長
●CANVAS副理事長
●融合研究所主筆
●内閣府知的財産戦略本部 構想委員会委員
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府新戦略推進専門調査会 規制制度改革分科会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●スポーツ庁 官民連携によるスポーツを通じた健康増進策検討会委員
●内閣府知的財産戦略本部価値デザイン社会懇話会委員
●総務省「新たなCAS機能に関する検討分科会」座長
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT サービス安心・安全研究会 青少年の安心・安全なインターネット利用環境整備に関するタスクフォース主査
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」分科会長代理
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 委員
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長
●JeSu eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会 座長