0 Ichiya Nakamura

Blog

New

「犬ケ島」、あふれる日本愛

■「犬ケ島」、あふれる日本愛

 ウェス・アンダーソン監督「犬ケ島」。

 少年と犬の友情と冒険を描く、近未来の日本を舞台にしたストップモーション・アニメです。
 ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞しました。ベルリンは2002年 宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」に金熊賞を与えています。アニメに深い理解を示す映画祭です。
 以下、ネタバレ注意含みの感想です。

 日本への愛があふれています。外から日本をみると、こういう姿になるのか。
 近頃「クールジャパン」政策に対する風当たりが強く、その多くは「自分のことクールって言うな」批判なんですがね、そうなんですよ。もともとクールジャパンは海外から入ってきた「おまえらクール」を示す言葉・概念でして、自分で言い募るものではない。

 なので今、改めてクールジャパン政策は海外からみた日本のよさに注目するよう舵を切っています。自分が見せたいモノより、海外が見たいモノ。プロダクト・アウトじゃなくてマーケット・インです。


 その点で「犬ケ島」はたくさんの視座を与えてくれます。
 なつかしいけどエキゾチックな日本が描かれているんです。

 富士のような山と桜。和太鼓、浮世絵、石庭、大相撲、そして寿司職人。(寿司を握る完璧なアングルのシーンは特筆モノの名場面です。)
 これら純和風に交じる昭和レトロ。古臭いテレビ、赤い電話、昭和30年代風ファッション、ラーメン屋・商店街。さらに現代Tokyoっぽいビルや工場。
 キャラクターの犬たちは日本犬らしくなく洋風で、それが外からの眼を意識させます。でも、犬たちが闘うシーンはぜんぶ白い雲のみでドタバタする日本マンガ表現。ニッポンがお好きです。


 音のしかけも効果的でした。
 全編を通じて太鼓のリズムが和の通奏低音をなし、昭和30-40年代日活映画のような頼りない単音ギターが哀愁をただよわせます。カフェのシーンで、さあさみなさんトーキョー名物、暁テル子「東京シューシャインボーイ」がかかったのには笑いました。よりによってそれかい。なので「七人の侍」のテーマ曲が流れたのはごく当然に聞こえました。


 七人の侍オマージュ映画でした。三船敏郎っぽい市長は悪役なのですが、その悪に弱者が立ち向かう。構図はどこを切っても小津・溝口っぽい完璧な様式美でありながら、ストーリーやモチーフは黒澤明。

 その点、ぼくは「ベイマックス」とシンクロして見ていました。ベイマックス、いや原題の「Big Hero 6」のほうが正しく内容を表現しているアニメですが、少年と5人の仲間たちによる友情と勇気のものがたり。
 日本の戦隊ヒーローものへのフル・オマージュをトーキョーのような町でくりひろげたディズニー作品で、源流は七人の侍に見て取れるのですが、犬ケ島も少年と5匹の活劇で、邦画の古典から70sポップカルチャー、そして現代へと引き継がれているありがたさを感じた次第です。

 「ベイマックス、てゆーか、BIG HERO 6」


 もちろん1982年リドリー・スコット「ブレードランナー」、2003年タランティーノ「キル・ビル」、今年のスピルバーグ「Ready Player One」(AKIRA・ゴジラ・ガンダム)などハリウッド実写でも日本スキは連綿としていて、犬ケ島はその熟度、レトロからポップまでの蓄積を確かめさせてくれます。


 ストップモーションアニメでしかできない表現です。ベイマックスのようなデジタルアニメや Ready Player OneのようなCGの流れる表現とはうらはらの、アナログなざらつき。そう、アナログの力です。

 「アーロと少年」、「リメンバー・ミー」らディズニー&ピクサーによる近年のアニメ作品では、背景描写などはもう現実を超える現実感をもって描かれ、「想像」の余地を与えぬ行き着き度を見せますが、犬ケ島のストップモーションは、制約があるがゆえのリアリティーをもたらしています。オーディエンスを前のめりにして想像させる装置。670人、14万静止画、1097体の人形によって作られたという数の力とも言えましょう。


 なお、ぼくはネコを飼っています。彼らとは主従関係が成り立ちません。ネコなので。同居人であり、友人です。犬ケ島は、犬との主従関係と友情とが交錯します。ぼくにはその機微がつかみづらい。
 だけど、ラストのセリフに、作者たちのメッセージが込められ、共感しました。
「従順なオスは退屈よ」
「Thank You.」

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「海賊版対策、『とりまとまらず』。」
>>Yahoo! 今日はこのへんにしといたる(2018.10.20)

「『CiPマニフェスト』発表しました」
>>agora(2018.10.18)

「挨拶」
>>LIVE HACKASONG vol.3 最終審査会, 審査委員長(2018.10.17)

「放送改革は議論からアクションへ」
>>agora(2018.10.15)

「放送改革は議論からアクションへ」
>>BLOGOS(2018.10.15)

「挨拶」
>>京都国際映画祭2018 クロージングパーティー(2018.10.14)

「挨拶」
>>京都国際映画祭2018 オープニングパーティー(2018.10.12)

「挨拶」
>>京都国際映画祭2018 オープニングセレモニー(2018.10.12)

「078Kobe 2018」
>>agora(2018.10.8)

「ポップ・テック特区CiPが10項目のCiP Challengeを発表しました。」
>>Yahoo! 今日はこのへんにしといたる(2018.10.6)

「AI研究開発の針路―理研シンポにて」
>>agora(2018.10.4)

Profile

●内閣府知的財産戦略本部 検証・評価・企画委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府新戦略推進専門調査会 規制制度改革分科会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●スポーツ庁 官民連携によるスポーツを通じた健康増進策検討会委員
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT サービス安心・安全研究会 青少年の安心・安全なインターネット利用環境整備に関するタスクフォース主査
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 委員
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長