0 Ichiya Nakamura

Blog

New

メディア・コンテンツ市場のいま

メディアコンテンツ市場のいま



「日本と世界のメディアコンテンツ市場データベース」2021年版がヒューマンメディアから発刊されました。

 2020年のコロナ禍の影響による日本国内のメディア・コンテンツ市場の規模は、前年から6,612億円減(4.8%減)、131,076億円になったと推計しています。

読んでみましょう。






2020年、コロナの影響で映画、カラオケなど「興行・施設」は前年比43.3%減。「放送」は12.2%減。「パッケージソフト」は6.4%減。

他方「オンライン」は配信が大きく伸び、広告も増加、合わせて5.3%増となり、全体の41.4%を占めた。全分野合計は4.8%減少ながら13兆円台の規模を保った。




2010年代のコンテンツ市場は、2008年のリーマンショック後の09年に前年比5%縮小、東日本大震災の翌年の12年まで横ばいが続いた。

13年から拡大基調となり、16年には2008年規模に回復、以降も拡大を続けて19年は08年以降最大となった。

20年はコロナによる凹み。これが続くか、反転するか、の2021年。



メディア別では、配信等の「オンライン」は2011年に全体の13.4%を占めるにすぎなかったが、19年には34.8%を占めるまでになった。

規模は1911年の約3倍、金額は31,849億円増。2010年代の市場の回復と拡大はほぼこの分野が担った。


一方、映像・音楽・ゲームソフト、新聞、印刷出版等からなる「パッケージ」は、11年は43.5%を占めたが19年に全体の27.4%に縮小。規模は11年から19年までで27.4%減、金額では14,243億円減となった。「放送」は3.73.8兆円台を維持しているが市場全体では11年の29.5%から19年に28.0%に縮小した。




世界20か国・地域のメディア・コンテンツ市場規模を調査した結果、2019年円建てで米、中、日、独、英、仏の順となり、前年と変わらない。

世界最大の米国の市場規模は日本の約4倍で、2位の中国は約2倍、45位の独・英は約1/2、仏は約1/3





日本のコンテンツの海外市場は2019年に約2兆円。前年比16.3%増で、2012年から3倍近くに拡大。分野別ではアニメ、次いでスマホ向けのオンラインゲーㇺが大きい。

最大の分野はア二メで、19年には1.2兆円を超えた。次いでオンラインゲームが3,689億円、続いてマンガを主とする出版も拡大を続けている。





2019年の国内メディア・コンテンツと5分野の関連産業の市場規模総計は56.5兆円、GDP554兆円の9.9%を占め、外食26兆円、衣服10兆円を上回り、建設投資額63兆円に迫る規模になっている。

5分野:通信などコミュニケーション、広告、キャラクター、TVやゲーム機などメディアハード、ライブ)


---

アナログからデジタルへの移行当初、コンテンツ市場は凹んだが、その後成長基調に。

コロナでまた凹むも、デジタルでの拡大は加速し、早晩ライブも戻る。海外市場も成長する。

期待が持てる産業です。政府の知財戦略が目論むデジタル+海外を軸とする市場拡大、コロナ後が本番です。


それ以上に、関連産業を合わせた市場に注目すべきです。ハード・ソフト合計の市場規模は衣食や建設と並ぶ産業の柱。

さらに、その周囲にはより大きな波及市場があります。波及効果を見込んで、この分野への投資規模を拡大する視点が求められます。

毎年とりまとめられる本データベースを政策のテキストにすることをお勧めします。

YouGo3.0

Buenos

Topics

 
「ショート・ショート講義vol.492」
>>iU CHANNEL(2021.9.10)

「急速なデジタルシフトがもたらす経済社会の大変革」
>>プレミアム・インセンティブショー2021 基調講演(2021.9.9)

「ショート・ショート講義vol.491」
>>iU CHANNEL(2021.9.9)

「ショート・ショート講義vol.490」
>>iU CHANNEL(2021.9.8)

「ショート・ショート講義vol.489」
>>iU CHANNEL(2021.9.7)

「ショート・ショート講義vol.488」
>>iU CHANNEL(2021.9.6)

「全員インターン 全員起業」
>>「私塾界」2021年9月号No.485p.18-p.21 インタビュー(2021.9)

「ショート・ショート講義vol.487」
>>iU CHANNEL(2021.9.3)

「ショート・ショート講義vol.486」
>>iU CHANNEL(2021.9.2)

「ショート・ショート講義vol.485」
>>iU CHANNEL(2021.9.1)

「ショート・ショート講義vol.484」
>>iU CHANNEL(2021.8.31)

Profile

●iU学長
●CANVAS副理事長
●融合研究所主筆
●内閣府知的財産戦略本部 構想委員会委員
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会コンテンツ小委員会委員長 
●内閣府知的財産推進戦略本部構想委員会デジタル時代における著作権制度・関連政策の在り方検討タスクフォース座長
●内閣府知的財産戦略本部 次世代知財システム検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 新たな情報財検討委員会座長
●内閣府知的財産戦略本部 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議(タスクフォース)共同座長
●内閣府知的財産戦略本部 クールジャパン人材育成検討会委員
●内閣府新戦略推進専門調査会 規制制度改革分科会委員
●内閣府知的財産戦略本部 ビジョン検討委員会委員
●スポーツ庁 官民連携によるスポーツを通じた健康増進策検討会委員
●内閣府知的財産戦略本部価値デザイン社会懇話会委員
●総務省「新たなCAS機能に関する検討分科会」座長
●総務省 デジタルコンテンツ創富力の強化に向けた懇談会座長
●総務省「コンテンツ海外展開協議会」座長
●総務省 デジタル時代における郵政事業の在り方に関する懇談会座長代理
●総務省 都市サービス高度化ワーキンググループ委員
●総務省 ICT サービス安心・安全研究会 青少年の安心・安全なインターネット利用環境整備に関するタスクフォース主査
●総務省 デジタルサイネージワーキンググループ主査
●総務省「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」分科会長代理
●総務省 国際標準化戦略に関する検討チーム委員
●総務省 情報通信白書アドバイザリーボード委員
●総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員
●総務省 近未来におけるICTサービスの諸課題展望セッション委員
●総務省 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会委員
●文化庁 文化審議会著作権分科会 基本政策小委員会 委員
●文化庁 文化審議会 博物館部会 委員
●消費者庁 消費者のデジタル化への対応に関する検討会委員
●デジタル庁 「デジタルの日」検討委員会 座長代理
●京都府文化力による未来づくり審議会 委員
●一般社団法人日本民間放送連盟 ネット・デジタル関連ビジネス研究プロジェクト座長
●JeSu eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会 座長